東日本大震災支援プロジェクト


アートで社会を支援する!日本メディアアート協会

HOME > 東日本大震災支援プロジェクト

アートは、生きるために必ず必要なものではないかもしれない。
でも人が生きてゆくために、とても大切なもの。

東日本復興支援 JMAAアートサポート

長期的に東北を支援して行くためのプロジェクト。

kizuna_project_logo.jpegkizuna_project_logo.jpeg気仙沼大島観光協会 : キズナ強化プロジェクトへの協力
JMAAは、気仙沼大島観光協会が「キズナ強化プロジェクト」のプログラムの1つとして実施しているTシャツワークショップへのノウハウ提供・Tシャツ・図案・インク等の提供を通じて協力・応援しています。
*キズナ強化プロジェクトの詳細はコチラ

oekaki_ws.jpgoekaki_ws.jpgクリエイターが被災地を訪問してお絵描きワークショップ
プロのクリエイターが東北に赴き、お年寄りや子供たちをはじめ東北の皆さんと一緒に絵を描く活動を行っています。2011年|2012年|

inori_gazo.jpginori_gazo.jpg私たちは信じます。芸術には「力」があると。
被害に遭われた皆さんの“心の復興”を支えるのは、人と人との関わり以外にありません。小さな力でも、沢山集まれば大きな力になる。皆さんの『♥』をイラストや写真でお送りいただき、集まった画像で、葛飾北斎の描いた【奥州塩釜松島之図】をモチーフにしたモザイクアートを創ります。

bungu.jpgbungu.jpg避難所のこどもたちに、絵を描く道具と文具を届けよう
寄付金で物資を購入し、JMAAのスタッフが現地入りする時に直接届けます。1口 1000円から受付。
*なるべく同じものを揃えてあげるため、集まった寄附金で一括購入します。

T_art.jpgT_art.jpgチャリティ展の販売収益の10%を東日本大震災支援金に。
作品をTシャツにして販売することで、収益の10%を東日本大震災の支援金として日本財団に寄附します。Tシャツはインターネットで販売しており、どなたでも購入出来ます。

jmaa_banner.jpgjmaa_banner.jpg作品を販売して、被災地のお子さんたちに文具を送りました。
1日2万人が訪れるJ-WAVEフリーマーケットにて皆さんの作品を販売し、販売価格の50%を寄附にあてます。*募集は既に終了しています

助成日本財団_small.gif